サイドメニュー

同窓会サロンへの投稿

サロンへの投稿にはユーザ登録が必要です。申請はメール(info@keiteki-ob.jp)にて行ってください。(氏名、卒業期、住所、お電話番号を明記してください。)
投稿はこちらのページへより行ってください

森川博久さん(H10入寮)の今‼

[サロン]

2017年(平成29年)の第18回開識社講演会(札幌)で講師をしてくださった森川博久さん(H10入寮)の今をご紹介します。

森川さんは、アルジェリアの首都アルジェを拠点に外務省医務官としてご活躍中です。(菊地真由さんの投稿をシェアさせていただきました。)

《菊地真由さんのコメントは、以下のとおりです》

家庭医って何?と聞かれた時の一つの返答に、
「南極でもどこでも能力を発揮できる仕事なんだよ!」と言えるのは、こういう素敵な先輩がいるからです。
映画「南極料理人」、アニメ「宇宙よりも遠い場所」に感化されて密かに南極への憧れを抱き、
実際に今回、森川先生にインタビューできたことを本当に嬉しく光栄に思います。
20年後くらいに、「お母さんは南極行ってくるわね」と言って家を出たり…して。

菊地真由さんの投稿は、以下のとおりです。

※森川博久さんの今‼ 

以上


2021年 開拓の村旧恵迪寮舎前の花壇に花が咲いた

[サロン]

2015年(H27)に、それまでの花壇を移設する修復工事を行い、旧恵迪寮舎前にオオバナエンレイソウとミヤマエンレイソウをそれぞれ20株ずつ植栽した。

そのうちのいくつかは、きれいな花を咲かせている。また、自生していたカタクリも黄色い花をつけています。

写真は、いずれも開拓の村中島館長より提供いただいたものです。

オオバナエンレイソウ

カタクリ

以上


2021年 北海道開拓の村で2012年に植樹したチシマザクラの近況報告です

[サロン]

平成24年(2012年)5月、「都ぞ弥生」百年記念祭に当たり、川内純子さん(「都ぞ弥生」の作歌 横山芳介君の三女)からチシマザクラのご寄贈を受け、それを開拓の村内の旧恵迪寮舎前に植樹しました。

開拓の村の中島宏一館長から4月29日(木)に送られてきた写真(下に添付)によりますと、今年(2021年)もチシマザクラは元気に花を咲かせています。

なお開拓の村は、コロナ感染の拡大を踏まえ、2021年5月1日(土)から5月11日(火)までの予定で臨時休館しております。残念ながら、実物を見ることはできません。

202104撮影チシマザクラ

以上


2021年度の入寮風景!

[サロン]

恵迪寮自治会のブログを見ると、2021年度の新寮生が入寮してきました。
入寮の模様を紹介します。

新入寮生は、入寮した時点で我々同窓生の後輩となり、永遠(とわ)のつながりができますね。

受け入れ~前編~

受け入れ~後編~

以上