サイドメニュー

アーカイブ

北海道恵迪寮同窓会  総会・寮歌歌始めの会 開催報告

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

 

北海道恵迪寮同窓会「総会・寮歌歌始めの会」開催報告

と き:令和4年7月2日(土) 11:00~14:20

ところ:総会…日本聖公会北海道教区 札幌キリスト教会

寮歌歌始めの会…クラーク会館西側 日本庭園

本来ならば今年の1月に開催する予定であったが、コロナ禍の中「なんとしても対面で寮歌を高歌放吟したい」との思いを叶えるため、数回の役員会で議論を重ね約5カ月延期しての開催であった。総会は23名の参加を得て、会則に則り内藤春彦会長の議長のもと、事業・決算・監査報告、事業計画・予算案、役員案が滞りなく承認された。

その後、中央ローンで握り飯の昼食をとり、寮歌歌始めの会の会場に移動した。折しもこの日は北大商大応援団対面式がコロナを経て3年ぶりに行われる日であった。中央ローンでの食事もそこそこに、大通の対面式会場に向かう応援団・恵迪寮生の一行がクラーク像の前で「ストームの歌」を乱舞するのを激励した。

寮歌歌始めの会は現役の寮生1名を含めた22名の参加で、屋外となるクラーク会館西側日本庭園で行った。ここには「大志亭」と名付けられた四阿があり、そこに同窓会旗と寮歌の幟を飾って仮ステージをしつらえたのであるが、夏の緑の中でなかなか趣のある会場となった。急遽、「蚊対策」として防虫スプレーや蚊取り線香を用意したのも一興であった。

今回は歌う寮歌を初めから決めないで、参加した人が「歌いたい寮歌」を出して皆で歌うという形式をとった。それそれが選んだ理由などを簡単に紹介したり、歌い終わった後に寮歌にまつわる思いを相互に披露したりして、深みのある寮歌祭となった。加えて、屋外であったので、誰はばかることなく思いっきり歌えたことにより所期の目的が達成できた寮歌祭となったものと確信する。

最初と最後には「都ぞ弥生」(明治45年)を歌ったが、参加者がリクエストした「歌いたい寮歌」は次のとおりであった(歌唱順)。

・「悲歌に血吐きし」(昭和30年)

・「蒼空高く翔けらんと」(昭和2年)

・「時潮の波の」(昭和21年)

・「藻岩の緑」(明治44年)

・「時潮の流転」(昭和14年)

・「彷徨へる心のままに」(昭和24年)

・「天地の奥に」(昭和18年)

・「吾憧れし」(昭和33年)

・「花繚乱の」(昭和32年)

・「茫洋の海」(昭和35年)

・「手をとりて美しき国を」(昭和28年)

・「水産放浪歌」

・「春雨に濡るる」(大正12年)

・「嗚呼茫々の」(楡陵謳春賦つき)(昭和11年)

・「タンネの氷柱」(昭和8年)

・「津軽の滄海の」(昭和13年)

・「湖に星の散るなり」(昭和16年)

・「魔神の呪」(大正6年)

・「我楡陵に ー行秋哀歌―」(平成2年)

・「快速エアポート」(平成24年)

・「寒気身を刺す」(昭和42年)

ここに並んだ寮歌を見て何を感じられであろうか。いろいろな思いがよぎる思われるがそれは皆様各人にお任せすることにしたい。最後に、参加された皆様、このページを読んでくださった皆様、いろいろな面で協力いただいた皆様、すべての方々の御多幸をお祈り申し上げてこの稿を終える。

文責:北海道恵迪寮同窓会副幹事長 千原 治

 


開拓の村旧恵迪寮舎 草刈り 開催報告

[事務局からのお知らせ] [北海道支部] [北海道支部からのお知らせ]

開拓の村旧恵迪寮舎 草刈り 開催報告

北海道恵迪寮同窓会
常任幹事 佐野将義(H2)

6月11日(土)、北海道開拓の村において、旧恵迪寮舎・草刈りを開催しました。コロナ禍により昨年と一昨年は中止となってしまったので、三年ぶりの開催となります。15名(うち現役寮生2名)の方に参加いただきました。

※続きはこちらから→ 2022旧恵迪寮舎草刈り開催報告

 


第38回北海道恵迪寮同窓会親睦ゴルフ大会開催報告

[事務局からのお知らせ] [北海道支部]

6月5日、親睦ゴルフ大会が8名の参加で札幌エルムカントリー西コースで2年ぶりに開催されました。好天に恵まれ絶好のゴルフ日和となり、夫々日頃の腕前を存分に発揮、和気藹々と楽しいゴルフ大会になりました。
成績はダブルペリアで、S28入寮の井口光雄君が途中OBもありながら見事リカバリーして優勝の栄誉を獲得、若手の岩本栄一君(S44年)、渡部洋一君(S52年)が準優勝、3位と続きました。
参加者中最高齢で今年90歳を迎える室田昌幸君(S26年)は5位で後半6打も改善し大波賞も獲得しました。
もう三人の参加者(s34)前田隆君、(S40)千川浩治君もグロスでは2位、3位、(S38)川原圭二君はニアピン賞と健闘しました。

今回は当初ご参加予定の横山清理事長がご都合により欠席となりましたが、理事長よりのご寄贈もあり、佐藤静子さんに手配いただいた生活密着の賞品を全員がもらい無事散会しました。毎回、参加者が少なくなり7~8名で2組確保がやっとの状況ですが、声を掛けあい参加者を増やして継続したいと思います。

親睦ゴルフ大会担当 佐藤 市雄(S38)

 

 

 

 


開拓の村旧恵迪寮舎 観桜観花会 開催報告

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

開拓の村旧恵迪寮舎 観桜観花会 開催報告

北海道恵迪寮同窓会
常任幹事 佐野将義(H2)

 5月14日(土)、北海道開拓の村において、旧恵迪寮舎・観桜観花会を開催しました。
朝に雨が降り、肌寒い中での開催となりました。
コロナ禍により二年連続で開催できていなかったので、久しぶりに開催できたことが素直にうれしいです。

 ※続きはこちらから 2022旧恵迪寮舎観桜観花会開催報告

 


2022恵迪寮同窓会西日本大会開催記録

[事務局からのお知らせ] [西日本支部] [西日本支部からのお知らせ]

コロナ禍で1年延期になった西日本大会を開催しましたので、報告します

■概要
日時: 2022年3月26日(土) 14:30 受付開始

場所: うおまん 中之島店
大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル31F
TEL:06-6445-1977
http://www.uomanweb.co.jp/shop/detail01.html?shop_id=30

内容: 開識社  15:00~16:00
総会   16:00~16:30
大寮歌祭 17:00~19:00

会費: 本人・同伴者とも  6,000円税込
密を避けるため人数は50名までとします
(参加は33名でした)


■開催に至るまで
従来、3年おきに開催されてきた西日本大会ですが、コロナ禍に見舞われた2020年度は中止、
1年延期となりました。2021年度はどんな形で開催できるか、4月頃から協議を開始しました。

従来のように大人数(約100人)が大会場で集まって飲食、高歌放吟することは困難と考え、
関西のメイン会場+各地域のサテライト会場をリモートで結ぶ等の案を各地域幹事に問いましたが、
ちょうど第4波真っ最中で開催など検討もできないということになり、検討自体をワクチン接種状況が
判明するであろう9月以降に延期しました(9月は第5波到来のため、再び12月まで検討を延期)。

西日本大会が開催できるのは2021年度中のみ、つまり2022年3月がデッドラインとなった中、
役員会が12月1日に開催されました。
北大恵迪寮を看板に50人規模で飲食し寮歌を歌っても良いものかという意見もありましたが、
第5波が一段落した時期でもあり、いま中止の判断はしない、感染対策を徹底し、今後の感染状況が
悪化すれば中止もやむなしという前提で、開催を決定し、準備に入りました。

会場は50人規模で北水同窓会が使って実績もあり融通も効く「うおまん中之島店」にしました。
結果的に、より少ない人数でギリギリまでGOを待って頂いたこのお店のおかげで開催できたようなものです。、

開催通知と出欠確認はこれまで往復ハガキ(返信は返ってきたもののみ料金受取人払)でしたが、
出欠確認をGoogleフォームで実現できたため、アドレスのある347人にはメールで、アドレスの
無い444人には通常ハガキで通知することにし、費用と手間が大きく削減できました。

ところが、話はこれで終わりません。
出欠〆切の2月15日になっても申込は19名でした(想定は50名)。
運の悪いことに、第6波が到来して感染者がピークを迎えており、外出を控えられる方、
返事を様子見される方が多く、あまつさえ、大阪府にはまん延防止措置が出ていました。

役員会を開き、19名で西日本大会と言えるのか、会場は何人なら受けてくれるのか、
まん延防止が解除されるか等を議論した結果、「参加者は30人以上」かつ「3/26はまん延防止が
解除されていること」の2つを必須条件として、再度、メールで参加を呼びかけることになりました。

結果、参加者33名、まん延防止は5日前の3月21日に解除 という薄氷を踏むような開催となりました。

■大会当日
大変な経緯を経て開催された西日本大会ですが、遠く広島や福岡、熊本からも懐かしい面々が集まり、
久しぶりに酒を酌み交わして寮歌が歌える期待と喜びで、皆の顔は輝いていたように思います。

なお、下記のコロナ対策を徹底していたことを明記しておきます。
・後日の非常時連絡用に住所/電話/アドレスを確認
・2回以上のワクチン接種とマスク着用をお願い
・受付で検温・消毒し、体調を確認
・テーブルは席数の半分を使用し、パーティションを設置
・常に互いの距離を空ける
・飲食時以外はマスク、歌う時でもマスク
・歌う人だけが前に出てマスクして歌う、席では歌わない口ずさまない
・最後の都ぞ弥生だけは全員マスクして部屋に散らばり、距離を取って歌う

時間通りに開識社で幕を開けました。
講師をお願いしたのはS45入寮、S49法学部卒の中島光孝(みつのり)弁護士です。
北海道・池田町で生まれ、富士製鐵・室蘭を経て北大入学、卒業後は金融機関で東京~仙台~東京で
過ごされ、1987年に退職、奈良へ移住されました。
その後、司法試験に合格(首席だったそうです)、1991年からの弁護士生活30年の間の
主な担当事件、最高裁判決を得たお話などを伺いました。
今春、札幌に居を移されるそうですので、北海道の皆様、よろしくお願いします。

 

恵迪寮同窓会の総会を無事に終え、いよいよ大寮歌祭の始まりです。
司会は、寮歌大好き人間を自称する平成22年入寮の最年少、我如古弥司さん。
西日本の植松会長、東日本の坂倉会長の挨拶の後、最年長の窪田相談役の乾杯で宴は始まりました。
冒頭、横山理事長はじめ一社・恵迪寮同窓会の皆さんからいただいたメッセージビデオを皆で鑑賞し、
ようやく開催できた寮歌祭への羨望の激励を楽しく拝見しました。

さて、寮歌祭です。
美味しい料理と美酒と会話を楽しんでいると、我如古さんがマイクを持って生き生きと動き出しました。
端のテーブルから一人ひとりに、軽く自己紹介と一言をお願いしています。
「軽く」と言ってるはずなのに、皆さん、けっこうお話をされます(笑)
1テーブル4人が終わった段階で『そこで寮歌!』と声がかかりました。
コロナ対策通り、4人が前に出てマスクをつけて選んだ寮歌の口上を叫びます。
プロジェクタではすぐさまその歌詞が映し出されます。
(事前にスマホの寮歌アプリを紹介してありますので、みな手元でもわかります)
(自己紹介+一言)x4人=寮歌 という繰り返しで、どんどんいい雰囲気になっていきます。

閑話休題、実は、自己紹介と一言を全員でやったら終わらんのとちゃうか…と思っていましたが、
33人と少人数が幸いして、結果、ピッタリでした。コロナ禍だからこそできたやり方でした。

一社からいただいた「クラークワイン6本」も空き、いよいよ「都ぞ弥生」です。
マスクをしたまま会場に広く散らばって肩は組まずに朗々と5番まで歌い上げ、
フレーフレー北大、フレーフレー恵迪で楽しい宴を締めくくりました。
さすがにストームはやめておきました。

文責 岩井隆郎