サイドメニュー

アーカイブ

2020年 オンライン恵迪夏祭りの開催報告(北海道恵迪寮同窓会主催)

[北海道支部からのお知らせ]

今年で14回を数える恵迪夏祭りは、令和2年7月25日(土)12時~14時、北海道恵迪寮同窓会から11名、静岡・東京から2名に、現恵迪寮からの寮生5名を加え、合計18名の参加を得て、オンライン(Zoom)により開催されました。

例年ですと札幌・狸小路ライオンに集い、美味し酒を酌み交わし肩組み寮歌を高唱し懇親を深めるビール会ですが、今年は新型コロナウイルス感染症対策としオンラインにより試行開催した次第です。

なお、オンラインによる開催にあたり主催者側の運営技術が未熟なため、案内はホームページに限らせていただき、また、機器条件によりご参加できなかった会員にお詫び申し上げます。

 

【ライオンではなくオンライン恵迪夏祭りの開催状況】

同窓会会員は、北海道以外は静岡から望月利孝(S43入寮、以下同)君、練馬から関口光雄(S39)君が参加、また、同窓会現寮委員会の都野建二郎(H5)君と村橋究理基(H22)君の勧誘により多くの現寮生が参集しました。執行委員長の湯浅祐君、工学部4年目のnagano shigeru君、5年目の小川凛君、寮歌普及委員会の羽深さん、応援吹奏団のいいのさん、ありがとう。

開会挨拶は高井宗宏(S31)大先生、巣籠状況でもこうして皆の顔をみれて嬉しいとタブレットで参加。続く乾杯の音頭は、谷口哲也(S48)北海道恵迪寮同窓会幹事長。各自好みの飲料、サッポロ、エビスなどを掲げてかんぱーい!

さて、恒例では寮歌高唱の部。谷口君がまず見本にと「タンネの氷柱」を牽っ張れど、なるほどオンラインで皆が調子をあわせる難しさをさっそく体感するしだい。

次に、各自の出身紹介、出し物・お宝披露の部へと移行

■大谷文昭(S43入学)君は、故郷上田の真田幸村自慢、千原治(S50)君は、宮本武蔵の里自慢と出身小学校校歌を披露、独唱はZoomに合うね。佐藤市雄(S38)前事務局長は、ユーゲントコール時代の古い写真を紹介。野本 健(S47)君は、47年前遺失の発掘品の披露。

■氏平増之先生(S38)は、「あゝ百年の応援団」(大谷君作歌、千川浩治(S40)君作曲)の合唱CDを披露されました。本作は前島一叔(S31)大先輩にも高い評価を頂いている様子。

■桐生芳郎(S31)大先輩は、白内障の手術を直前に無事終えられ、自称80の手習いのオカリナで「都ぞ弥生」、「北の国から」、「アメイジング・グレイス」を演奏。初スマホでの参加にも感謝感激。

■谷口君から、令和元年にご逝去された応援団顧問山元周行先生による蒐集品、大応援団旗、卒団旗、旧制六高寮歌集などの珍品の披露。やはり多くの貴重な恵迪・寮歌関係資料を蒐集・考証されている高井先生からも資料の保管・活用についてご助言を頂いた。はい!と、やはり尽きぬ話しは寮・寮歌にまつわる話題の数々・・・

会もたけなわ、大谷君の口上により、「都ぞ弥生」1・2番を皆で斉唱、〆のご挨拶は吉沢武治(S45)代表幹事、「やはり寮歌、都ぞ弥生はマスク無しで歌いたいもの」。コロナの収束、皆の健勝、リアル寮歌祭開催を祈念し、オンライン夏祭りを終えました。皆さんのご参加、ご協力に感謝申し上げます。

(進行・文責:北海道恵迪寮同窓会 恵迪夏祭り担当 野本 健(S47))

【写真】 

写真1:Zoomでの参加の様子

Zoomでの参加の様子

 

写真2:各参加者の自宅でのオンライン参加状況

各参加者の自宅でのオンライン参加状況

【オンライン試行における課題―Zoom未経験者の招待と寮歌合唱―】

恵迪寮同窓会では、遠方の関東・関西の役員に対応すべく、Zoomを用いたオンライン・Web会議をコロナ対応に先んじ行っており、すでに役員はZoomを利用できる。一方、リスクを回避し自宅籠りをされている先輩諸氏の寮歌高唱への渇望に応えオンライン寮歌祭等の開催も期待される。本会は、その際の課題を把握することも目的として試行した。

・Zoom未経験者に、参加に必要な支援を行うことを事前に示し参加を募ったところ、スマホ初心者、タブレット、カメラ購入しパソコンへセットされた計4名の会員が参加された。

・主催者(も初心者)は、WebページやYouTubeから参考となる情報を「Zoomの利用法」としてまとめて未経験参加者に対し提供するとともに、当日までにZoomへの接続、機器類の操作等について何度かオンライン・テストを行い準備した。開催当日、皆Zoomで顔をあわせることができ、お互いにホットした次第。

・一方、PCと購入カメラが合わず、また、テスト期間が短く準備が間に合わずZoom参加を断念された方々もいる。相応の準備期間を要する。

・今回、Zoom要支援者に対する指導者(数)が限られたが、ある程度の指導者人数が確保されれば、より大人数の初Zoom参加者を交えたオンライン会の開催は可能と思われる。

・Zoom会の特性として、独唱は問題ないが多くの方による合唱は、皆の調子を合わせるのが難しい。リーダーがタクトを振る、カラオケ的に歌詞の箇所を指し示すなどの工夫を要する。

・今回、狸小路ライオンのオンライン化を志向したため、これまでと同様自由な寮歌発声を期待していたが、主要な寮歌祭部分を縮小せざるを得なった。オンライン寮歌祭にあたってはラフなシナリオを用意するのも一法であろう(もちろん、自由でも差し支えない)。

以上


【告知】開拓の村旧恵迪寮舎 草刈り&昼食会を中止することについて(北海道恵迪寮同窓会主催行事)

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

北海道恵迪寮同窓会では、本日(5月10日)、新型コロナウイルス感染のリスクを回避するため、7月4日(土)に開催を予定していた「開拓の村旧恵迪寮舎 草刈り&昼食会」を中止することを決定しました。

 

《北海道開拓の村の現在の取り組み方針については、以下の北海道開拓の村のホームページ抜粋をご参照ください。》

2020年度の北海道開拓の村における主催事業等について
(2020年5月1日現在)

北海道開拓の村では、【3つの密】のうち、「多数が集まる密集場所」、「間近で会話や発声をする密接場所」に該当する事業が多く新型コロナウイルス感染予防・拡散防止の観点からと、今後の終息の見通しが立たないため、お客様の安全・安心を第一に考え、本年度の事業は全て中止とすることにいたしました。

楽しみにして下さっている皆様には、大変申し訳ありませんが、何卒ご理解の程よろしくお願いします。

ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の感染リスクの低下などの状況に応じて、事業を実施する場合があります(時期は未定)が、その際は、当ホームページでお知らせいたします。

◆当面の間休止となる事業・展示(再開時期は未定)
・伝統遊具づくり
(再開時は、参加人数の削減、会場内の定期的な換気などの対策をとり実施予定)
・子どもの広場
・馬車鉄道の運行
(再開時は、運行本数・定員の削減、窓の開放(雨天時の運休)・定期的な消毒などの密を避ける方策などを取りながら実施予定)
・小川家酪農畜舎内の搾乳疑似体験、菊田家農家住宅の神楽演奏体験、
札幌停車場の昭和の部屋などのハンズオン展示

◆本年度、中止とする事業等
・本年度予定していたすべての事業
(ただし、今後の感染リスクの低下などの状況に応じて、随時実施する予定(時期は未定))
・ボランティアによる解説案内・演示活動(申込制のガイドツアー含む)
・軽食堂「北のふるさと」

◆ご利用になれない施設(当面の間)
体験学習棟、軽食堂「北のふるさと」

◆事業中止に伴い、新たに始めるサービス
現在準備中です。決まりましたらお知らせいたします。

以上


【告知】恵迪寮観桜会(円山公園)及び現寮交流会の中止について

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

■恵迪寮自治会では、円山公園(実質上の管理者は札幌市)の「火気使用の禁止(火気使用エリアの設定中止、バーベキューコンロ貸出等の中止)と、レジャーシート等を敷いての飲食を伴う宴会利用の自粛」要請を受け、伝統ある円山公園での観桜会を中止する決定をしました。

■北海道恵迪寮同窓会では、例年、現寮との交流を図るため恵迪寮が実施する観桜会(円山公園)に参加してきましたが、現寮の観桜会中止決定を受け、同窓会としての現寮交流会も中止することといたしました。

 

(以下、円山公園からのメッセージです)
《2020年度 花見時期の円山公園の利用について ~2020年3月28日 in 公園からのお知らせ》 

日頃より円山公園をご利用いただき、ありがとうございます。

例年、円山公園では桜の開花時期に限り、火気の使用が可能なエリアを設けておりましたが、2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、火気使用の禁止(火気使用エリアの設定中止、バーベキューコンロ貸出等の中止)と、レジャーシート等を敷いての飲食を伴う宴会利用の自粛をお願いすることといたしました。

長時間の人の密集や近距離での会話等は新型コロナウイルス感染症の拡大のリスクが高まると考えられるため、ご遠慮いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

以上


【告知】5/16(土)開催予定の観桜観花会を中止することについて(北海道恵迪寮同窓会主催分)

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

 2020年4月11日(土)開催の北海道恵迪寮同窓会第1回役員会において、5月16日(土)北海道開拓の村旧恵迪寮舎で開催予定の「観桜観花会」について、新型コロナウイルスの感染拡大中につき中止することといたしましたのでお知らせいたします。

以上


令和2年・新年寮歌歌始めの会 開催報告(北海道)

[事務局からのお知らせ] [北海道支部] [北海道支部からのお知らせ]

令和2年1月25日(土)、ホテルマイステイズ札幌アスペンにて、北海道恵迪寮同窓会主催の「令和2年・新年寮歌歌始めの会」が開催されました。

参加者は88名。最年長の昭和21年入寮石坂 實、能勢誠夫の両氏から現役寮生まで、そして百年の好敵手である小樽商科大学応援団OB・現役、更に常連となった北大応援吹奏団団員も加わり、賑やかに挙行されました。

■ 第1部の「北海道恵迪寮同窓会総会」に先立って、昨年10月にご逝去された一般社団法人恵迪寮同窓会・代表幹事の故白浜憲一氏、そして本年1月にご逝去された名誉会長の故中瀬篤信氏、お二方の追悼を執り行いました。
まず最初に、一般社団法人恵迪寮同窓会の藤田正一副理事長から「追悼の言葉」が献じられ、次に北海道恵迪寮同窓会の内藤春彦会長の御発声で黙祷を行い、あらためてお二方の御冥福をお祈り申し上げました。

■ 第1部「北海道恵迪寮同窓会総会」では2019年度の事業及び決算の中間報告が上程され可決承認され、続く2020年度の事業計画案・予算案も可決承認されました。
議案説明の中で、会財政の厳しい現状を踏まえて今後の会費増強施策についての説明とお願いがありました。

総会の終了後に、引き続いて一般社団法人恵迪寮同窓会の吉沢武治代表幹事代行が登壇し、現恵迪寮大改修支援募金及び開拓の村旧寮舎展示改修支援募金への協力の力強い呼びかけを行い、会場の共感を得ておられました。

■ 第1部「北海道恵迪寮同窓会総会」の後、第2部として「寮歌祭」が開始されました。
主催団体である北海道恵迪寮同窓会の内藤春彦会長による開会挨拶に続いて、一般社団法人恵迪寮同窓会の横山 清理事長から年頭の御挨拶を頂戴いたしました。
御来賓を代表して佐伯 浩元北海道大学総長の御挨拶があり、「都ぞ弥生」斉唱へと移りました。
恒例となりました「鏡開き」を行い、一般社団法人恵迪寮同窓会の藤田正一副理事長の御発声で声高らかに乾杯を行いました。

しばらくの歓談の後、満を持して寮歌高唱が始まり、次々に名寮歌の数々が歌い上げられていきました。その途中途中で、小樽商科大学校歌・逍遥歌が披露され、また現役寮生により令和元年・第111回記念祭歌や近年の寮歌が紹介されました。

高鳴る血潮のままに寮歌の宴が繰り広げられましたが、いよいよ閉会の時が迫り、会場全体が一つの輪となり「都ぞ弥生」「別離の歌」を斉唱しました。

宴が果て、老いも若きも来年の再会を約して帰路についた次第です。

(報告者;北海道恵迪寮同窓会 幹事長 谷口哲也)

①静かに参加者の来場を待つ会場

 

②追悼の言葉を述べる藤田正一副理事長

 

③北海道恵迪寮同窓会総会で議案説明をする谷口哲也幹事長

 

④現恵迪寮大改修支援募金及び開拓の村旧寮舎展示改修支援募金についてご協力を呼びかける吉沢武治代表幹事代行

 

⑤歌始めの会の開会挨拶をする内藤春彦会長

 

⑥年頭のご挨拶をする横山清理事長

 

⑦ご来賓の挨拶をする佐伯浩元北大総長

 

⑧「都ぞ弥生」斉唱の音頭を取る大谷文昭寮歌部長

 

⑨鏡開き

 

⑩乾杯のご発声をする藤田正一副理事長

 

⑪永遠の幸の音頭を取る谷口哲也幹事長

 

⑫イザ演奏!北大応援吹奏団の皆さん

 

⑬左側のお二人はS21年入寮で、本日の最年長者

 

⑭本日ご参加の商大の皆さん

 

⑮若人逍遥の歌を高唱する商大の皆さん

 

⑯故白浜君追善曲”新しき陽は”(S40寮歌)を熱唱

 

⑰英語版 都ぞ弥生を斉唱

 

⑱令和元年・第111回記念祭歌を高唱する現寮生

 

⑲老若男女が”水産放浪歌”を高唱

 

⑳輪になって「都ぞ弥生」を高唱

 

㉑閉会の挨拶をする千川浩治副会長

 

㉒最後はストーム!!

(写真撮影;北海道恵迪寮同窓会広報幹事 岩﨑 正)

以上