サイドメニュー

北海道支部からのお知らせ

2019年 開拓の村旧恵迪寮舎 観桜観花会 開催報告

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

開拓の村旧恵迪寮舎 観桜観花会 開催報告

 

北海道恵迪寮同窓会
常任幹事 佐野将義(H2)

1.5月18日(土)、北海道開拓の村において、毎年恒例の行事である旧恵迪寮舎・観桜観花会を開催しました。
新緑に囲まれ、春の暖かい太陽の光のもとで開催することができました。

旧恵迪寮舎~威風堂々と建つ

 

2.寮舎前の花壇の中に、延齢草の真白な花影を見つけました。

前庭に咲くオオバナノエンレイソウ

 

3.中庭から見た寮舎。

中庭から見た寮舎

 

4.中庭の花壇で咲く花々。

中庭の花壇で咲く花々

 

5.寮舎前に集合し、全員で都ぞ弥生(明治45年)を1番から5番まで歌いました。

前庭の旧花壇跡地で「都ぞ弥生」を1番から5番まで斉唱①

 

前庭の旧花壇跡地で「都ぞ弥生」を1番から5番まで斉唱②

 

6.玄関前で集合写真を撮影。23名(うち現寮生2名)の方に参加いただきました。

玄関前での集合写真

 

7.寮舎の周りのゴミ拾いも行いました。

寮舎周辺のゴミ拾い①

 

寮舎周辺でのゴミ拾い②

 

 

8.展示物の劣化が進んでいるため、昨年、写真の一部を修復しております。

「開拓の村旧寮舎展示企画委員会」の手で写真の修復がされています①

 

「開拓の村旧寮舎展示企画委員会」の手で写真の修復がされています②

 

9.開拓の村のレストランで食事をしながら、懇親を深めました。
食事や飲み物の差し入れもあり、1時間ほど楽しい時間を過ごして、観桜観花会を終了しました。

現寮生も含めて懇親を深めました①

 

現寮生も含めて懇親を深めました②

 

開催にあたり、北海道開拓の村にご協力をいただきました。お礼を申し上げます。

(文責・写真;北海道恵迪寮同窓会 常任幹事旧恵迪寮舎担当 佐野将義(H2) )

以上


2019年観桜会~満開の桜の下、宴のむしろは超満員、焼肉と寮歌で大盛況~

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

エゾヤマザクラが満開となった4月29日、恵迪寮主催の円山公園・観桜会に同窓会員13名が参加しました。

恵迪寮にはこの春、男女160名の新1年生が入寮。

同窓会は恒例の伝統行事を支援しようと飲み物やソーセージなどを差し入れ、横山理事長からもバナナ2箱の差し入れがありました。同窓会員は参加費のカンパをはじめ、会場への食材や機材の搬入作業、コンロの炭の火起しなど精一杯の汗を流しました。

約100名の現役寮生は、恵迪寮から円山公園まで約10キロの道のりを寮歌とストームを繰り返しながら闊歩、大通公園の噴水に飛び込み、パルコ前交差点でストームを挙行、円山公園では応援団により檄文が披露、大勢の市民・花見客から喝采を浴びていました。

その後はコンロを囲んで焼肉をほおばり、空腹を満たしてから寮歌を斉唱しました。定番「一帯ゆるき(明治40年)」「藻岩の緑(明治44年)」など明治時代の寮歌から、平成時代の寮歌「ああグッと(平成15年)」、第100回記念祭歌「雲海貫く(平成20年)」に至るまで、現寮生は大きな声で斉唱。最後は、「都ぞ弥生」を斉唱。

恵迪OBと現役寮生は分け隔てなく交流し、お互いに懇親を深めていました。

最後は現寮生全員で後片付け、ひとつのゴミも残さず、綺麗に清掃した上での解散となりました。

(文責;北海道恵迪寮同窓会 常任幹事現寮担当 森川満彦、写真;北海道恵迪寮同窓会 幹事広報担当 岩﨑正)

恵迪寮玄関前で校歌斉唱

 

クラーク像前での校歌斉唱

 

クラーク像前でのストーム

 

道庁での校歌斉唱

 

道庁でのストーム

 

大通公園の噴水内でのストーム

 

三越・パルコ前の交差点でのストーム

 

円山公園グランドでのストーム①

 

円山公園グランド内でのストーム②

 

神宮前での檄文披露

 

桜の下でジンギスカンを食す

 

実行委員長の訓示。同窓会からの差し入れも紹介される

 

ジンギスカンは美味しいね

 

OBによる寮歌斉唱

 

現寮生による寮歌斉唱

 

輪になって「都ぞ弥生」を斉唱。また、来年もよろしく!

 

以上


平成31年新年寮歌歌始めの会の開催報告(北海道恵迪寮同窓会)

[北海道支部からのお知らせ]

恵迪寮同窓会恒例の「新年寮歌歌始めの会」が1月26日(土)にホテルマイステイズ札幌アスペンで開催された。

恵迪寮同窓会の一般社団法人化に伴って、新たに発足した北海道恵迪寮同窓会が主催する形となった最初の歌始めの会であり、平成最後の歌始めの会であった。

第一部の北海道恵迪寮同窓会定時総会も滞りなく終わり、内藤春彦会長の開会の挨拶により第二部の歌始めの会が始まった。続いて、横山清理事長による年頭のご挨拶、さらに、ご来賓の佐伯浩北大元総長と三上隆北大ほっかいどう同窓会長よりご祝辞をいただいた後、大谷文昭寮歌部長の発声により全員で「都ぞ弥生」を斉唱した。89名の出席者の朗々とした若々しい歌声に寮歌祭の雰囲気は弥が上にも盛り上がった。鏡開きの後、藤田正一副理事長の乾杯の音頭で会場内は旧交を暖めあうにぎやかな歓談となった。

いよいよ寮歌高吟である。
今年の選曲は、これまであまり歌われてこなかった名曲を披露する意を込めて、昭和41年「いつの日か生命結ばん」・昭和50年「憧憬の故郷」・昭和54年「うす紅の」を組み込んだ。また、現役寮生からは平成30年第110回記念祭歌「蔦壁照らす」をはじめ平成の寮歌が紹介された。明治40年「一帯ゆるき」に始まり、110年以上途切れることなく作られ歌われ続けてきた恵迪寮寮歌の歴史の深みと厚みを改めて感じた次第である。

今年も小樽商科大学からOB・現役の方々が駆け付けてくださった。長年の友情に心から感謝申し上げたい。北大応援吹奏団の演奏も歌始めの会では欠かせないものとなった。この高らかな楽器の音色と力強い声援が競技応援でも発揮される。応援される北大各部の選手は勇気百倍でプレーに集中するに違いない。現役の寮生は始めから終わりまでほとんど立ちっぱなしで歌っていた。寮歌好きの学生が多数いることを目の当たりにし、北大恵迪寮は健在であるという意を強くした。

フィナーレは、昭和21年入寮の石坂實・能勢誠夫両大先輩から平成30年入寮の学生まで約90名の参加者が老いも若きもなく共に肩を組んで、明治45年「都ぞ弥生」を心の底から歌った。万感の思いを込めて、昭和6年閉寮記念寮歌「別離の歌」を歌った。最後は「ストームの歌」で飛び跳ねた(?)。

皆様のご協力により、予定していた時間に八重樫幸一副会長の閉会の挨拶をもって「宴遊の筵」は来年の再会を約してお開きとなった。

(文責;北海道恵迪寮同窓会副幹事長 千原治 / 写真;北海道恵迪寮同窓会幹事 岩﨑正、同  亀山敏)

①開会の挨拶をする内藤春彦会長

②年頭のご挨拶をする横山清理事長

③佐伯浩元北大総長によるご来賓の挨拶

④三上隆北海道大学ほっかいどう同窓会長によるご来賓の挨拶

⑤「都ぞ弥生」の発声をする大谷文昭寮歌部長

⑥藤田正一副理事長による乾杯の音頭

⑦昭和41年寮歌「いつの日か命結ばん」

⑧「小樽商科大学校歌」及び「若人逍遥の歌」を歌う小樽商大関係者

⑨北大応援吹奏団の演舞

⑩切らすことなく寮歌を歌う現役寮生たち

⑪昭和21年入寮の能勢誠夫(左)と石坂實(右)両大先輩もお元気です

⑫肩を組んで「都ぞ弥生」を高唱

⑬「ストームの歌」あまり足が上がらない

⑭八重樫幸一副会長による閉会の挨拶

以上


2018年 第19回開識社講演会の開催報告(北海道)

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

10月31日(昨今、巷では仮装してはしゃぐ日となりつつありますが)我々北海道恵迪寮同窓会は、恒例の開識社講演会を開催しました。

会場は例年使っていた札幌時計台が改修中ということで、北大クラーク会館3F大集会室1での開催となりました。会場の変更により集客への影響も心配されましたが、同窓生や北大関係者だけでなく多くの市民を含む100名あまりの参加を得ました。

講師は、北海道大学大学院農学研究院動物生態学研究室 准教授 長谷川英祐先生。先生は、2010年発行の著書『働かないアリに意義がある』(メディアファクトリー新書)が、ベストセラーとなった気鋭の進化生物学者です。

「働き者として知られる働きアリ。しかし、実はその7割はいつも休んでいて、さらに1割は一生働かない! だがこの事実にこそ、組織存続への秘密が隠されている!」という長谷川先生が発見したアリの群れの生態の事実は、会社組織の中であえぎあくせくすることに疲れた中年サラリーマンに光を与え、著書は発行以来20万部を売り上げ2016年には文庫化(KADOKAWA / 中経出版)されています。

今回の演題も「働かないアリと非効率の進化」、アリの集団社会の研究過程を数々のエピソードを交えて紹介されました。そのデータ解析の説明は(私の文系頭には)やや難解でしたが、そこから導き出される動物行動学と進化生物学の最新知見は、人間社会のあり方にも直結して明快かつ興味深いものでした。

・「働かない(と思われている)アリは働きたくないわけじゃない。働こうとするときに先に働いてしまうアリがいるから、働かずにいる。」
・「普段働くアリが疲れて動かない時は、普段働かないアリが働くようになるから、組織は存続できる。」
・「全員が働く組織の方が短期的には効率が良いが、そのうち皆が疲れて存続できないリスクが高い。働かない者がいるシステムの方が短期的には非効率でも長期的には有利。」
等々の説明は、思わず身につまされてしまったり、社会や会社組織への考え方に新たな視点を与えていただけるものでした。

「非効率で一見無駄に見えるものが本質においては必要とされることがよくある。全員が物わかりのいい優等生ではダメだ。」との言葉には、おそらく多くの寮同窓生諸氏が「我が意を得たり!」と思われたのではないかと推察しました。

文責;北海道恵迪寮同窓会開識社担当幹事 町田幸作(S60入寮)
写真;北海道恵迪寮同窓会副会長 八重樫幸一(S41入寮)

受付風景

 

司会の難波茂之北海道恵迪寮同窓会常任幹事(開識社担当)

 

 

開会の挨拶をする内藤春彦北海道恵迪寮同窓会会長

 

長谷川英祐先生による講演スタート!

 

アリへのマーキング

 

熱心に聞く参加者

 

現存する生き物~長期的存続に選択がかかっている

以上


2018年 オホーツク恵迪寮歌祭の開催報告について

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

2018年7月28日(土)北見市ホテル黒部を会場に、オホーツク恵迪会の寮歌祭が開催されました。オホーツクの地では、なんと前回2006年の開催から12年ぶりの開催となります。

当日(28日)は、オホーツク管内に28人いる恵迪出身者の内5人の参加に加え、同じ北大出身者及び北海道恵迪寮同窓会からの応援も含め総勢15人の方が集まり、盛会となりました。

稲田正範代表、田村博昭発起人の挨拶を受け、参加者それぞれの近況や恵迪寮などへの思い出に花を咲かせた後、北海道恵迪寮同窓会谷口氏(幹事長)からご提供のDVD(都ぞ弥生百年記念祭や1975年のNHK新日本紀行)を視聴し恵迪の姿などを懐かしみました。

メインの寮歌では、北海道恵迪寮同窓会の氏平さんの歌唱指導により恵迪の出身でない方にも充分に楽しめるものとなり、予定時間を30分以上超過するほど充実した会となりました。

 特に印象に残ったことは、都ぞ弥生の英語バージョンを紹介された場面です。この場面では、久し振りに北大生としての知的能力に刺激をけ、卒業して○十年経ってからも久しぶりに知的興奮を覚えた方が多かったようです。恵迪の集まりっていいですね!と思った夜でした。

(文責 オホーツク恵迪会事務局長 木村雅一(1975年入寮))

 

寮歌祭参加者の皆さん

 

肩を組んで「都ぞ弥生」を高唱

 

歌唱指導する千川副会長

以上