サイドメニュー

東日本支部からのお知らせ

2019年 千葉恵迪寮歌祭の開催報告

[事務局からのお知らせ] [東日本支部からのお知らせ]

千 葉 恵 迪 会
幹事 坂倉雅夫(注)

(注;坂倉雅夫は、東日本恵迪寮同窓会の会長を兼務しています。)

 

<千葉恵迪会>寮歌祭開催報告

 

東日本での地区恵迪会の寮歌祭は6月9日(日)の神奈川に引き続き、第2段は以下の通り千葉で開催しました。

日時:令和元年6月16日(日)12:00~16:00

場所:「カラオケの達人 船橋店」

千葉恵迪会は、猪股哲美さん(S43年入寮)と新井桂二君(S54年入寮の)に幹事をお願いして準備、声掛けをしてもらいました。

しかし千葉西高校の先生をしている新井君は、顧問をしている部活(テニス部)の試合が、千葉県白子町で昨日15日(土)に予定されていたにもかかわらず、あいにくの大雨で本日16日(日)に順延となり、学校にとっては嬉しいことですが勝ち進んでしまい、とうとう寮歌祭には参加できませんでした。

貴重な戦力が少し減りましたが、予定開催時刻の12時から先ず寮歌祭開催の経緯と恵迪寮舎改修のための寄附について会長の坂倉雅夫から説明し、恵迪グッズの幾つかも披露しました。

続いて総勢8名の参加者の自己紹介をしましたら、ここまでで凡そ約1時間掛かりました。

さていよいよ寮歌祭の始まりです。「校歌 永遠の幸」から始まり、「寒気身を刺す」、「藻岩の緑」、「蒼空高く掛けらむと」、「秋逍遥」、「瓔珞みがく」、「凋落正に秋深し」、「花繚乱の」、「茫洋の海」、「魔神の呪」、「天地の奥に」、「春雨に濡る」、「湖に星の散るなり」、「水産放浪歌」、「春未だ浅き」、「都ぞ弥生」と十数曲の寮歌を高唱しました。

また、休憩を兼ねて北海道にゆかりの歌謡曲をカラオケで歌うなどしていたら、予定の3時間では足りず延長30分+30分となり大いに盛り上がりました。

来年の更なる参加者の拡大を期して名残り惜しくも閉会となりました。

(文責・写真;千葉恵迪会幹事 坂倉雅夫)

<千葉恵迪会>寮歌祭参加者名簿

番号 入寮年  氏  名   学部・学科
1    S43  猪股 哲美   水・食品
2    S43  高村 宣寿   法・法
3    S43  高橋 克彦   水・化学
4    S44  坂倉 雅夫   農・農工
5    S45  小原 隆夫   水・増殖
6    S45  小竹森政幸   農・農化
7    S51  小林 次郎   水・増殖
8    S54  市野沢哲男   法・法

 

寮歌祭グッズを用意してくれた鉢巻の小林次郎君

 

小林次郎君、気合が入っています

 

<千葉恵迪会>幹事役の猪俣哲美さん(S43入寮・右端)

 

寮歌高唱にもいよいよ熱が入ってきました

 

以上


2019年 神奈川恵迪会寮歌祭の開催報告

[事務局からのお知らせ] [東日本支部からのお知らせ]

神奈川地区という括りでは 初めての開催でしたが 10名が集まり大変楽しい寮歌祭と成りました。

3時間を超える会合となり 当時の色々な思い出話に大変盛り上がり、肝心の歌を歌う時間が少なくなってしまいましたが、これもご愛敬でありまして、吾らが育った北の大地の揺籃は共通の思いを育んでくれたのでしょう。往時を偲ぶその共通の思いは卒業以来 何年たっても変わらず、実にいいもんだなあ、と感じ入りました。

S32入寮の長谷川久さんの色々な思い出話は大変興味深いものでした。有難うございました。また神奈川寮歌祭の案内を見つけてご参加下さった、H22恵迪入寮の若手の鈴木麟太郎さんに感謝致します。

さらに千葉県在住の長島広忠さん(S44入学)、東京都在住の田中洋行さん(S44入学)も寮生ではないにも関わらず参加して下さり、有難うございました。

(因みに会合場所は天然温泉付きの施設でしたので、皆さんには事前に入浴して頂きましたが、体が火照っていた為かみなさん結構ナマビールも呑みまして、結局長谷川久さんと鈴木麟太郎さんには ‘割り勘負け’ の精算となって仕舞い、大変恐縮しています。気づくのが遅く幹事失格でありますが、ご両人にはこれに懲りずにまたの機会にも是非参加して頂きたいものであります。)

(文責;多田勝(S44入寮)、写真;長島広忠(S44入学))

会場入り口

 

乾杯!

 

寮歌を高唱♪

 

集合写真です

 

以上

 

 


平成31年 新春寮歌歌い初めの開催報告(東日本恵迪寮同窓会主催)

[東日本支部] [東日本支部からのお知らせ]

2019年1月14日、「平成31年 新春寮歌歌い初め」(東日本恵迪寮同窓会主催)が東京駅前サピアタワー10階の北大東京オフィス大会議室にて行われました。

坂倉東日本恵迪寮同窓会会長の挨拶のあと、参加者でそれぞれ出身地、専門や仕事、近況などの自己紹介を行いました。熱弁をふるう会員が多く、また恵迪らしく鋭い質問や脱線もあり楽しい交流となりました。

後半は「都ぞ弥生」に始まり、「都ぞ弥生」に終わる寮歌の歌い初め。なお昭和21年寮歌「時嘲の波の」の作曲者・寺井幸夫氏が昨年12月17日に逝去されたことが坂倉会長から報告され、「時嘲の波の」を全員で斉唱しました。

今回の参加者は10名でした。次の東日本恵迪寮同窓会主催の企画は、8月11日(日)山の日の草刈り寮歌祭です。
みなさんの参加をお待ちしています。

(文責・写真とも東日本恵迪寮同窓会幹事長 竹下 忠彦(S53))

Figure1 プロジェクター(寮歌歌詞)担当は、加藤秀弘氏(S46)です。

Figure2 スクリーンの歌詞を見ながらの熱唱が続きます。加藤秀弘氏(S46)もプロジェクターを操作しながら、熱唱。手前は長谷川久氏(S32)

Figure3 各寮歌交代で前口上を言います。前口上(立位)を言うのは、関口光雄氏(S39)

Figure4 「瓔珞みがく」では、坂倉会長(S44)が寮旗を振りました。手前は、初参加の佐藤八雷氏(S39)

Figure5 「花繚乱の」で手拍子をとる成ケ澤憲太郎氏(S40)、長谷川和雄氏(S42)

Figure6 最後は「都ぞ弥生」を全員起立で斉唱。写真左から、坂倉雅夫会長(S44)、佐藤八雷氏(S39)、加藤秀弘氏(S46)、長谷川久氏(S32)、関口光雄氏(S39)、朝倉仁樹氏(S52)、大島久氏(S24)

以上


「恵迪寮同窓会東日本大会in恵比寿」開催レポート

[事務局からのお知らせ] [東日本支部からのお知らせ]

        東日本恵迪寮同窓会 幹事長 竹下忠彦(S53入寮)

 さる10月6日(土)、恵比寿ガーデンプレイス「ビヤステーション」(東京都渋谷区)に於いて、恵迪寮同窓会東日本大会が開催されました。
来賓として、北海道大学理事・皆川一志様、北海道大学校友会エルム会長・石山喬様、北海道大学東京同窓会会長・杉江和男様をお迎えしました。

第1部では、開識社が開催されました。講師は、作家の佐川光晴氏(S58年入寮・法学部卒業)。
佐川氏の講演テーマは、「我々恵迪寮生は何者なのか。何処から来て、どこへ行くのか」。佐川氏自身の寮生活体験、社会人としての歩みを振り返りながら熱弁を振るわれました。佐川氏は第3代恵迪寮の初期に入寮。寮長も勤めました。新々寮での自治権確立のため苦闘されたお話には、胸を打つものがありました。

続いて第2部では、東日本恵迪寮同窓会総会、恵迪寮大寮歌祭が行われました。
総会では、・2017年度の事業報告・収支決算・監査報告。・2018年度の事業計画案、収支予算案。・2018年~2019年度の役員体制案が審議され、満場一致で了承されました。また併せて、本部の組織が一般社団法人恵迪寮同窓会に移行したことも報告されました。
大寮歌祭では、約2時間寮歌を高歌放吟、最後は「都ぞ弥生」、「別離の歌」で締めくくりました。友誼校OBの参加もあり、友誼校の寮歌もビヤステーション内に響き渡りました。

<以下、写真です>

東日本大会が行われた恵比寿ガーデンプレイス内の「ビヤステーション」

 

 

開識社にて熱弁を振るう佐川光晴氏

 

講演を聞く参加者

 

開会の挨拶をする坂倉雅夫東日本恵迪寮同窓会会長

 

来賓の挨拶をする皆川一志・北大理事

 

来賓の挨拶をする石山喬・北大校友会エルム会長

 

来賓の挨拶をする杉江和男・北大東京同窓会会長

 

総会の議案を説明する竹下忠彦・東日本恵迪寮同窓会幹事長

 

乾杯の挨拶をする小澤久彌君(S17)

 

寮歌の音頭を取る人が交代で登壇する

 

肩を組んで寮歌高唱

 

 

寮歌を歌う佐川光晴氏他

 

 

一高寮歌「嗚呼玉杯」も歌われた

 

以上


今年もやったぜ「2017年 草刈り寮歌祭」

[東日本支部] [東日本支部からのお知らせ] [東日本支部の年間イベント]

 山の日の行事は、これこれ、これしかないですよ。

開拓使仮学校石碑周りの草刈りをして、「都ぞ弥生」1番から5番通し。

今年は、余力で「ストーム」実施。

昼飯は学士会館おすすめの「クラークカレー」を堪能。

その後 旧盆帰省、墓参。

写真提供者:川村 潤一君(S26)

 

「クラークカレー」を堪能あと。写真提供者:関口 光雄君(S39)

参考案内

2017大寮歌祭(日比谷青陵会館)(のご案内