サイドメニュー

北海道支部からのお知らせ

「第10回 日高・苫小牧恵迪寮歌祭」開催報告

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

第10回日高・苫小牧地区恵迪会の寮歌祭が7月11日(土)午後6時から恵迪寮同窓会北海道支部長の内藤春彦君(S40年入寮)出席のもと、総勢9名の参加により苫小牧市内のホテルで開催されました。
秋野隆英会長(S38年入寮)の挨拶、乾杯で宴に入り、内藤支部長から最近の恵迪寮同窓会活動につき種々紹介がありました。

その後、懇談に入り参加者各自から寮生活の思いで話などを交えながら自己紹介(近況報告)が行われましたが、今回初参加された神英樹君(S32年入寮)が大いに懇談の場を盛り上げてくれました。
全員の話が一巡し酔いも回り、声は大きく、口も滑らかになった所で、「瓔珞みがく」で始まった寮歌高唱は途切れることなく続き、例年のごとく会場の制限時間をオーバーとなったため、最後に「都ぞ弥生」を斉唱し全員のストームで会を締めました。
第10回を数えた本寮歌祭ですが、来年からまた第1回から始めるという新たな気持ちで集うことを約して散会しました。

第10回日高・苫小牧恵廸寮歌祭の集合写真

第10回日高・苫小牧恵廸寮歌祭の集合写真

日高・苫小牧恵迪会 幹事長 魚山和春(S39)


第33回恵迪寮同窓会親睦ゴルフ大会(開催報告)

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

絶好のゴルフ日和の下、13人がプレー!

6月21日、恒例の恵迪寮同窓会親睦ゴルフ大会が札幌エルムCCで行われました。
絶好のゴルフ日和のもと、初参加者1名を含む13名が日頃鍛えた腕前を存分に発揮、「あそこが悪い、ここが痛い」と口にしながらも、一人の落後者もなく和気藹藹にプレーしました。
また、参加者の主力を占める昭和20年代入寮の大先輩(6人)の力強いショットとテクニックを見て若手が勇気づけられる一日でもありました。
その中で千川浩治君(S40年入寮)が、準優勝の中楠潤君(S27年入寮)、三位の新井三郎君(S32年入寮)ら退け、見事に初優勝を果たしました。
大会は残念ながら毎年参加者が減少気味で、来年はもっと多くの同窓会員に集まっていただこうと思っています。若いOB/OGの方、初心者も大歓迎です。日程が決まり次第ホームページやFacebookページに載せますので是非ご連絡ください。

親睦ゴルフ大会の参加者

親睦ゴルフ大会の参加者一同

親睦ゴルフ幹事 岩本 栄一(S44年入寮)


第9回恵迪夏祭り(ビール会)開催のお知らせ(7/25開催予定)

[北海道支部からのお知らせ]

恵迪寮同窓会北海道支部の恒例行事、恵迪夏祭り(ビール会)を、今年も下記の要領で開催します。恵迪寮関連のDVDやCDなどを用意しています。

恵迪寮同窓生のご参加をお待ちしています。

1.日 時 平成27年7月25日(土)正午から約2時間
2.会 場 ライオン狸小路店 2F「エビスホール」(狸小路2丁目)
3.会 費 3,500円(飲み放題)
4.申込み 準備の都合で、7月17日(金)までに

①恵迪寮同窓会事務局=TEL&ファクス 011‐706‐3276=か、
②谷口哲也副幹事長のメールアドレス=poirot@gray.plala.or.jp

で申込みください。

昨年の第8回恵迪夏祭りの集合写真

昨年の第8回恵迪夏祭りの集合写真

昨年の第8回恵迪夏祭り(肩を組んで「都ぞ弥生」を高唱)

昨年の第8回恵迪夏祭り(肩を組んで「都ぞ弥生」を高唱)

恵迪寮同窓会北海道支部副幹事長・谷口哲也


第11回道南・函館恵迪寮歌祭を開催しました!!

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

平成27年6月20日(土)函館パークホテルにて第11回道南・函館恵迪寮歌祭を開催しました

参加者は恵迪同窓会白浜憲一代表幹事を含めて7名。最年長がS29入寮の鈴木会長。今回はS37入寮のMさんが初参加。

学生時代の思い出話に花が咲き、ついつい写真を撮るのも忘れて盛り上がりました。

最後に懐かしい寮歌を数曲歌い、仕上げは都ぞ弥生で締めくくりました。

この寮歌祭は、参加者が最後の一人になるまでやろうということになりましたが、はたして・・・・。

道南・函館恵迪会 幹事長 高石勇光(S51入寮


平成27年「とかち・帯広恵廸寮歌祭」の開催(報告)

[事務局からのお知らせ] [北海道支部からのお知らせ]

6月13日(土)午後6時半より、帯広駅前の「ふじもり食堂」で平成27年とかち・帯広恵迪寮歌祭を開催しました。
今年は、恵迪寮同窓会のホームページにアップされたこともあり、たまたま就職活動で十勝を訪れていた現役恵迪寮生の鈴木麟太郎君を始め、昭和31年入寮の小林征さん・昭和36年入寮の明神勲さんなど3名が初めての参加となりました。

また、士幌町在住の平成19年入寮の坂口謙一郎君が3月に結婚したばかりの新妻(北大法学部卒)を連れて参加したことから、これに刺激された昭和48年入寮の中紙麦平君が、農場の手伝いに来ている帯広畜産大学獣医学科の学生(北大水産学部に入学するも獣医になりたくて畜大に転入学)1人を連れて特別参加と、初めて女性が2人も参加し、例年になく多数の13名により盛会裏に開催することが出来ました。

史上初めての女性の参加

史上初めての女性の参加

川尻会長の挨拶で開会し、札幌から馳せ参じた白浜代表幹事からも一言、最年長の小林さんの音頭で乾杯し、美味しく酒を酌み交わし、自己紹介を含めて懐かしい昔話が弾みました。

歓談のひと時

歓談のひと時

いよいよ寮歌の斉唱に入り、最初の昭和13年「津軽の滄海の」に続き、大正12年「春雨に濡るる」、大正9年桜星会歌「瓔珞みがく」、水産放浪歌と盛り上がり、最後は坂口君の音頭による「都ぞ弥生」の大合唱で終わりました。

皆で寮歌を高唱

皆で寮歌を高唱♪♪

2時間半弱の短い寮歌祭でしたが、久しぶりの寮歌の吟詠に酔い痴れた楽しいひと時を過ごすことができ、次回の再会を約しての閉会となりました。

集合写真

集合写真

とかち・帯広恵迪会幹事長  陶山 秀昭(昭和42年入寮)