サイドメニュー

西日本支部からのお知らせ

昨日平成30年6月30日に開催しました古都恵迪会の開催報告

[事務局からのお知らせ] [西日本支部からのお知らせ]

翌日よりひと月にも及ぶ祇園祭がスタートする6月30日に蒸し暑い京都にて京都・滋賀・奈良在住の恵迪OB精鋭9名が集い、第1回古都恵迪会が開催されました。

参加者は以下の通りです。

【参加者名簿】
No.入寮 氏名 住所   学部
1 S33 清水 京都府  工
2 S40   千田 京都府  獣医
3 S40    齊藤 奈良県  法
4 S41 木田 奈良県  法
5 S43    平塚 京都府  理
6 S44 植松 奈良県  法
7 S48 藪内 京都府  工
8 S51 山田 滋賀県  工
9 S54 小川 京都府  工

まずは西日本支部長植松氏の開会の挨拶及び開催の意義説明の後、最長年である清水氏の乾杯の音頭でスタート。

次に各人の自己紹介と現況報告。各々が波乱万丈の人生を歩んできているので観客席よりちゃちゃ入れ多数。なかなか次に進めへんがな。結局全員終了するのに2時間。

残り1時間が寮歌タイム。まず「一帯ゆるき」からスタートし、次第に時代を遡っていきます。千田氏久しぶりの前口上での「水産放浪歌」。さまになっていますよ。

カラオケルームの個室なのでどんだけ声を張り上げようが全然問題無し。

タイムリミットが近づき校歌「永遠の幸」、最後にお決まり「都ぞ弥生」で目一杯声を張り上げて終了。

参加者全員次回の再会を約束して散会。あーあ ほんま楽しかった! せやけど声ガラガラや。

                              文責 藪内 晴弘(S48)

 

参加者全員の写真

 


平成30年 南九州恵迪寮歌祭の開催報告

[事務局からのお知らせ] [西日本支部からのお知らせ]

5月12日(土)15時、熊本宮原温泉「長命館」にて、南九州恵迪寮寮歌祭、9名で楽しく!中身濃く!終えることが出来ました。

初っ端、「水産放浪歌」の原曲?ダンチョネ節?の独唱をご披露頂き、会はいきなりの最高潮・・・

「藻岩…」、「タンネ…」、「天地の奥に」、「時潮の波の」。そして「魔人の呪い」はロシア革命が背景だったんですね。どっちが魔人か?  と、 寮歌一曲一曲にその時代背景、歴史を感じつつ、意義深い寮歌祭となりました。

寮歌普及委員会のときのS54「薄紅の」も先輩方にけっこう受けました。

「都ぞ弥生」はやはり素晴らしく、翌日解散式は「瓔珞磨く」で締めました。

また来年、鹿児島でお会いしましょう!

なお、若手(一応)の者で、高齢の大先輩のご経験を聞き書きする企画を立てようと思います。予科のとき樺太に飛行場を作りに行ったとか、学徒出陣・特攻で終戦を迎えたとか。
次回寮歌祭で、ご報告できればと考えております。

以上

(南九州恵迪寮歌祭幹事 三角公太郎さん(S61)記す)

相当数の写真を送信していただけました。ちょっと、ストーリー化が難しかったので、すべて(19枚)をアップします((一社)恵迪寮同窓会広報常任幹事・八重樫幸一)。

(その1)

(その2)

(その3)

(その4)

(その5)

(その6)

(その7)

(その8)

(その9)

(その10)

(その11)

(その12)

(その13)

(その14)

(その15)

(その16)

(その17)

(その18)

(その19)

(完)


平成30年 第一回北陸恵迪会(寮歌祭)の開催報告

[事務局からのお知らせ] [西日本支部からのお知らせ]

5月19日(土)に、第一回北陸恵迪会(寮歌祭)を無事開催いたしました。

白浜さんの年賀はがきから始まる「地区恵迪会」開催の案件を、恵迪寮同窓会西日本支部の岩井幹事長らのご支援等を頂きながら、岡崎俊彦・柴野悦男の2名の西日本支部富山県幹事の協力のもと、何とか開催まで漕ぎ付け、9名(一名病欠)の参加を得て無事終了して、ほっとしているところです。

一番の長老は昭和30年入寮の水産学部卒の方でした。
また、西日本支部からは木村成二副幹事長の参加を頂きました。

北陸恵迪会とは言いながら、石川・福井からの参加者は無く、富山在住の恵迪同窓生のみで、富山恵迪会となったのは、小生の不徳とするところです。北陸三県をまとめるのは至難ですね。

今回参加の皆様の自己紹介は、興味尽きないものがあり、時間を取られてしまいました。

もう少し寮歌を歌える時間を取りたかったのですが、別離の歌とストームもやれず残念ながら時間切れとなってしまいました。

次回はもう少し歌う時間を取りたいと思っています。

第一回北陸恵迪会(h30.05.19)

 

以上

(恵迪寮同窓会西日本支部富山幹事 佐竹正治が記す)

 


「2014恵迪寮同窓会西日本大会」開催される!!(報告)

[事務局からのお知らせ] [西日本支部からのお知らせ]

9月13日(土)京都第2タワーホテルにて、「2014恵迪寮同窓会西日本大
会」が開催されました。
参加者は関西はじめ北海道・関東・中部・北陸・中国・四国・九州・沖縄と全
国22都道府県から85名の方が集まり、開識社・総会・大寮歌祭と大変な盛

り上がりのなか、次年度の東日本大会での再会を誓い合い閉会となりまし

た。
その概要を報告します。

■開識社
講師:山崎夏生君(S54文学部卒、NPB審判技術委員)
演題:野球でこぼこ道
<概要>山崎君はプロ野球審判員のその出で立ちで「プレーボール」を会

場いっぱいに響かせ皆の度肝を脱ぎ話が始まりました。「ゲームセット」の

宣誓までの60分間自分の歩んできた道のお話は、笑いあり、涙あり、人生

訓が胸を打つ、まさに感動の物語でした。

■総会では「事業報告」「会計報告」「監査報告」「西日本支部役員改選」が

承認されました。

■大寮歌祭
大寮歌祭は西日本大会の名物になっている、「舞妓さん芸子さん」の舞い

と唄いと三味線の披露で幕が開きました。

来賓の方々(三上理事副学長、遠藤関西同窓会会長、坂倉東日本支部長)
の挨拶。白浜代表幹事の乾杯の音頭で大寮歌祭が開始されました。

11テーブルの面々が舞台に駆け上がり、太鼓に合わせ、寮歌、校歌、水産
放浪歌、紅もゆるも含めて「28曲」を途切れなく謳い上げました。

舞妓さん芸子さんのお酌も懇親会に花を添えていただきました。

最後は、肩を組みての「都ぞ弥生(5番まで)」「ストームの歌」の余韻を残し

てお開きとなりました。

北大と恵迪寮に在籍した若き日を誇りに思い友情を深めることができた「西

日本大会」でした。

自著を手に熱弁をふるう山崎夏生君

自著を手に熱弁をふるう山崎夏生君

うっとり!参加してよかった

うっとり!参加してよかった

大寮歌祭①

大寮歌祭①

大寮歌祭②

大寮歌祭②

大寮歌祭③~「ストームの歌」うひゃ!これ以上足が上がりません

大寮歌祭③~「ストームの歌」うひゃ!これ以上足が上がりません