旧寮保全・展示事業について

恵迪基金【旧寮保全・展示基金 】にご支援のお願い

一般社団法人恵迪寮同窓会
開拓の村旧寮舎展示企画委員会

昭和58 年に北海道開拓の村に移築された旧寮舎の展示物について、経年劣化の修繕補修と共に、「恵迪寮名の存続と寮自治の継承」を主題とした内容への更新・リニューアルを実現するために、2019年11月から2020年4月までの期間で展示改修支援募金を「名札募金」として募集したところ、160名の方から総額200万円を超える応募をいただきました。
ご支援、ご協力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます 。
然しながら、現時点の募金だけでは 改修の 実施が困難であり、二次募集の必要があります。
このたび恵迪基金の発足にあたり、「旧寮舎の保全・展示改修」を、恵迪寮名の継承と存続に寄与する当法人の特別目的事業の一つとして位置づけ、「旧寮保全・展示基金」を設けることと致しました。
つきましては、「名札募金」の残余枠の募集による展示改修資金とともに、永続的な旧寮舎の保全資金を使途とする「旧寮保全・展示基金」に、多くの同窓生がご支援ご協力をくださいますようお願い申し上げます。
なお、現時点で展示企画委員会が纏めている展示の企画趣旨=「introduction (前言)」は、こちらの通りであります。是非ともご一読いただき、展示改修の意義にご賛同の上、ご支援、ご協賛下さいますようお願い申し上げます。

1. 名称   旧寮保全・展示基金
2. 目的  旧寮舎を北海道開拓の村に移築・再現した初代恵迪寮舎の保存と環境整備、並びに恵迪寮の歴史、寮生活、寮歌などの展示の更新により、恵迪寮名の継承と存続に寄与する。(昭和58年に解体された第2代恵迪寮舎資材の多くは、元来が初代恵迪寮舎から移築されたもので、開拓の村では初代恵迪寮舎として明治時代の図面に基づき復元されています。)
3.  内容
A〉展示改修・名札募金= 1 口 10,000 円
使途を展示改修資金とし、名札希望者は旧寮舎玄関に氏名・入寮年次を記した名札を掲示します。残余枠限り、先着300名とします。掲示時期は、展示改修施工と併せて実施になります 。
〈B〉寮舎整備・保全募金= 1 口 1,000 円  (何口でも可)
展示改修のほか、外壁塗装その他の永続的な寮舎整備・保全の資金として活用 します 。
4. 目標 1000 万円
・展示改修・名札募金は、残余枠300名を達成した時点で終了としますが、寮舎整備・保全募金は、期限がありません。
・ 既に名札を掲示済みの皆様からの寄附も歓迎いたします。名札に、寄附された印(例:延齢草マーク)を付けさせていただきます。
・歴史的な展示資料・データ、映像や音声機器、翻訳の協力などの物資・労力の提供・拠出も歓迎いたします。事務局までご連絡ください。
・コロナ影響で展示リニューアルオープンの日程は、2022年度以降にずれ込む予定ですので、事情ご理解下さいますようお願いいたします。

以上