サイドメニュー

アーカイブ

福島再生 大志を抱き取り組む2人~うち1人は恵迪OBです~

[サロン]

9月9日(土)付け道新夕刊に、北大卒2人が福島の除染作業等の現地2トップとして奮闘中であることが報道されました。

一人は環境省 環境再生本部長 本部長の小沢晴司さん(56)、もう一人は福島地方環境事務所 所長の土居健太郎さん(52)です。

小沢さんは昭和55年恵迪寮に入寮し、昭和61年農学部を卒業後環境庁(当時、現・環境省)に就職しました。

入庁後は環境問題、自然保護分野で活躍され、現在は職員数約600人を擁する環境再生本部の本部長として活躍されています。

除染という大変難しい仕事でしょうが、お二人とも健康に留意し活躍されんことを願っています。

2017.9.9道新夕刊小沢晴司氏写真

 

2017.9.9道新夕刊小沢晴司氏

 

以上


作家・佐川光晴さんからのビッグなお知らせ

[サロン]

わたしの小説「四本のラケット」(『大きくなる日』集英社刊に収録)がNHKのラジオ国際で17言語に翻訳されて朗読されます。
アラビア語、ベンガル語、ビルマ語、中国語、英語、フランス語、ヒンディー語、インドネシア語、ハングル、ペルシャ語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スワヒリ語、タイ語、ウルドゥー語、ベトナム語です。

日本語での放送は、以下の通りです。

番組名   ラジオ日本プラグイン~NHKワールド ラジオ小説
放送日時  2017年9月16日(土)、9月23日(土)、9月30日(土)
14時10分~14時30分
放送局   日本放送協会(NHK)ラジオ国際

きっと滅多にないことでしょうし、とてもうれしいので、臆面もなくお伝えしました。
なお、『大きくなる日』は、文庫が9月20日(水)に刊行されます。

2017/09/01 佐川光晴(S58入寮)


名和豊春北大総長による講演会開催のお知らせ(10月14日(土))

[サロン]

学士会と北海道大学校友会エルムの共催イベント「北海道講演会~講師・名和北大総長~」のご案内です。

北海道大学校友会エルム会員や学士会会員の方だけでなく、一般の方もお申し込みいただけますので、皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
【演 題】世界的課題解決に貢献する国立大学の使命~北海道大学の挑戦~

【講 師】北海道大学総長 名和豊春氏

【日 時】平成29年10月14日(土) 講演会;15:30~16:45 / 懇親会;17:00~18:00

【会 場】北海道大学工学部 フロンティア応用科学研究棟2階レクチャ―ホール

【参加費】講演会 無料 / 懇親会 2,000円(講演会、懇親会とも事前申し込みが必要です)

【共 催】学士会・北海道大学校友会エルム

 

詳しくはこちらのURLから、

http://www.gakushikai.or.jp/service/event/201710_1.html

 

名和豊春北大総長の講演会開催のお知らせ(PDF)

以上


絵で見る「青春の恵迪生活」

[サロン]

昭和36年入寮の加藤忠一さんがアマゾンで出版した電子ブック「絵で見る青春の恵迪生活」-昭和36-38年の北大・恵迪寮-を紹介します。
当時の恵迪生活を加藤さんの軽妙なタッチの絵と文章で紹介しているもので、様々な恵迪生活が登場します。35枚の絵で「恵迪とは」、「入寮選考会」にはじまり恵迪寮の説明や四季折々の行事、サークル(加藤さんは合唱サークル・ユーゲントコールの部屋)の模様等が紹介されます。
アマゾンのKindle版ネット販売で価格100円で入手でき、読む(見る)のは無料ソフトのkindleアプリをダウンロードしてみてください。
アクセスは以下でどうぞ。https://www.amazon.co.jp/kindle/dp/B073VBH16Y/ref=rdr_kindle_ext_eos_detail

(事務局 佐藤市雄)

 

 


阿部碧さん(恵迪OG)からの給付型奨学金のお薦めと相談会の開催案内

[サロン]

【詳細は末尾に添付したPDFをご覧ください】

阿部碧(あべ・みどり)さんは、この春(2017年)北大農学部を卒業すると同時に、新渡戸カレッジを一期生として卒業しました。

経済的な理由もあって恵迪寮に入寮したと聞いていますが、新渡戸カレッジに入校したのは「海外旅行にちょっと行ってみたい!」という単純な理由からのようでした。

入校すると徐々に好奇心が芽生えるとともに、学生生活(寮活動・課外活動・学業等)を悔いなく有意義に過ごそうと思うようになったそうです。

そこで給付型奨学金(返済不要)にチャレンジし、学部の2年次(2014年秋)に某給付型奨学金に合格し、学部卒業の2017年春まで支給を受けました。

今春(2017年)大学院に進学しましたが、そこでも某給付型奨学金に合格しました。

後輩達にも恵迪寮で生活費を切り詰めるだけでなく、給付型奨学金を受給し充実した学生生活を送ってほしいとの思いから、給付型奨学金に応募するための相談会の開催を企画した次第です。

多くの寮生のご参加をお待ちしています。

<詳しくは、以下の緑文字をクリック!>
阿部碧さんからの給付型奨学金のお薦めと相談会の開催案内(PDF)

 

(文責;八重樫幸一(S41)恵迪寮同窓会広報常任幹事)