サイドメニュー

アーカイブ

「恵迪入寮50年の集い(11月11日開催)」のご案内

[サロン]

「恵迪入寮50年の集い(11月11日開催)」のご案内

■11月 11日(日)
13:00北海道開拓の村 旧札幌農学校寄宿舎(恵迪寮)前集合
旧恵迪寮見学・寮歌斉唱など (専用バスにて支笏湖丸駒温泉旅館に移動)
18:00丸駒温泉旅館にて親睦会
丸駒温泉のホームページ;丸駒温泉旅館

■11月 12日(月)
朝食後解散

 

イベント ナビゲーション

《呼びかけ人 各期寮委員長》

河原一夫(193期)、足立光(194期)、大沼博良*(196期)、林修嗣(197期)、小倉清春(198期)、俵正好(199期)   *:呼びかけ人代表

 入寮50年を記念して昭和43年入寮者を中心に企画し、全国の昭和42・43・44年入寮生に呼びかけて、「恵迪入寮50年の集い」を開催します。
会費:20,000円(懇親会会費、2次会会費、宿泊費、資料作成費、通信費他)

また、記念文集も作成します(参加者および希望者に配布)。

参加の希望者は、「呼びかけ文」を参照の上必要な内容を次のアドレスに送信ください。
林修嗣:shayashi3@tbz.t-com.ne.jp 皆川吉郎:k-minagawa@ymail.plala.or.jp
(ダブルチェックのため2カ所に送信下さい)
交通手段の詳細は参加表明者に後日ご案内いたします

集いへの参加および記念文集への投稿の詳細はチラシ「呼びかけ文」をご覧下さい。

チラシ⇒呼びかけ文(HP用)
チラシ⇒丸駒温泉案内

以上


第104回北大-商大対面式について、商大応援団のタイムテーブルについての連絡がありました(お知らせ)

[サロン] [事務局からのお知らせ]

7月1日(日)に開催されます北大-商大の対面式に関する「商大応援団のタイムスケジュール」について、小樽商科大学応援団後援会事務局長 小西一郎様から連絡がありましたのでお知らせします。

……………………………………………………………………………………

各位

小樽商科大学応援団後援会事務局長 小西 一郎

 

商大応援団から対面式のタイムスケジュールが発表になりましたのでお知らせ致します。尚、当会でバスをチャーターして居ります。小樽駅から北大まで、皆様を無料でお送り致しますので是非ご乗車下さい。

対面式のタイムテーブル及び式次第をご報告させていただきます。
タイムテーブルにつきましては、前回の投稿のものから変更しております。

●タイムテーブル
8:20 商大発
8:50 小樽駅前着 三役揃い踏み
9:10 バス出発
9:55 北18条門着
10:10 参謀罵り合い
10:35 対面式開始
12:45 対面式終了

●式次第
一、校歌交換・参謀エール
一、花束交換
一、舞型披露①  商大: 南蛮踊り  北大: 泥棒拍手
一、舞型披露②  商大: 雲龍型   北大: 風流舞
一、挑戦状・応戦状
一、寮歌交換・団旗エール

 

第104回小樽商科大学定期戦 対面式のポスター

                                 以上

 


第104回(平成30年) 北海道大学 対 小樽商科大学 総合定期戦対面式、打ち上げ会のご案内

[サロン]

平成30年6月22日

北大OB、OG、関係者の皆様

                北海道延齢会 事務局

    佐野将義(H2入学、82代応援団)

 

第104回(平成30年) 北海道大学 対 小樽商科大学 総合定期戦対面式、打ち上げ会のご案内

 

7月1日(日)に北大・商大定期戦対面式が北大構内で開催されます。
対面式、硬式野球応援、打ち上げ会についてご案内いたします。
是非とも皆様に参加していただき、後輩達を応援していただきたいと思います。

 

開催日 平成30年7月1日(日)

(1)総合定期戦対面式の開催時間及び場所
10:30 対面式開始(陸上ホッケーグラウンド)
13:00 硬式野球対抗戦(北大球場)
(2)打ち上げ会
17:00 北大・商大OB OGによる大宴会:居酒屋「たいへい」(北15西4,011-746-4129)
会費:4000円(飲み放題)

宴会に参加される方は、6月27日までに下記の担当者のメールへ、氏名、入学年次を連絡してください。

皆様のご参加をお待ちいたします。

○担当者 村田勝(S57入学、74代応援団) メールアドレス murata@hoku-iryo-u.ac.jp

以上


昭和52、53、54年の恵迪寮入寮から40年の節目を祝う会報告

[サロン]

昭和52、53、54年の恵迪寮入寮から40年の節目を祝う会が5月26日、北海道・支笏湖畔の丸駒温泉旅館で開かれ、当時の寮生68人と同窓会の白浜憲一代表幹事ら来賓3人が、盃を重ね、寮歌を高歌放吟して再会を祝いました。
一人1分間の近況報告にやんやの喝采が上がり、第2部の寮歌祭では最後にストームも飛び出しました。また希望者参加の3次会も、午前3時すぎまで30人ほどが延々と飲み続け、旧交を温めました。
また会場では、恵迪新聞の特別号が配られ、参加者に喜ばれました。1面は栄養士として寮友の食を支えた川越ユキエさん(82)=小樽市在住=へのインタビュー。月曜日名物のカレーライスの秘密も打ち明けてもらいました。
終面は初老の寮友たちへの助言になれば、とクマの権威の間野勉農学博士(54年入寮)に「クマに学ぶ老後の生き方」を語ってもらいました。「クマに老後という言葉はない。生涯現役でメスを追いかける」との一言に勇気づけられた参加者も多かったでしょう。
(塚田博・入寮40年の節目を祝う会世話人代表、昭和52年入寮)

 

 


作家 佐川光晴さんと俳優 斎藤歩さんとの同級生対談が行われます

[サロン]

1983年4月、ともに18歳で北海道大学に入学した北海道演劇財団の芸術監督・斎藤歩さんと、現在、様々な小説で注目を集めている佐川光晴さんが、学生時代の活動から現在に至る軌跡を縦横に語るトークショーを行います。

これまで様々な人生を歩まれてきたお二人の対談(主として斎藤さんが聞き手)は、大変興味深いものがあると予想されます。

お時間の許す方は、ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。

申込は、添付のチラシを使用してFAXで送信してください。

同級生対談のチラシ⇒「佐川光晴×斎藤歩」同級生対談

 

以上